FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-04-10(Tue)

大橋純子 Phonogram Years

 大橋純子さんのフィリップス(日本フォノグラム)時代のオリジナルアルバムとエピック時代のベストがまとめて再発されます。74年デビュー。今年で35周年。すごいですね。今もVapというメジャーなレコード会社に籍を置いて新譜を出しています。この時代にデビューした人たちのほとんどはメジャーシーンから消えてしまっているだけに、現在まで継続的にリリースが続いているのは本当に凄いこと。応援したいものです。


 大橋純子さんといえば「たそがれマイ・ラブ」に「シルエット・ロマンス」。小柄な体なのにものすごい声量で歌う姿が印象的でした。そのせいか、歌の(ものすごく)うまい歌謡曲歌手という印象が強い人が多いとは思いますが、しかし、その裏には"美乃家セントラル・ステイション"(当然元ネタはわかりますよね)という専属バンドを従えたバンドマンとしての姿があったわけです。先の2曲だけで判断しちゃいけません。アルバムの中には超ファンキーというか、まんま日本語のファンクといっていいような曲もあったわけで。何と言っても、当時のギタリストは土屋昌巳ですからね。正直、今のR&Bシンガーなんかぜんぜん敵わないくらいすごいっすよ。

 僕自身、シングルは何枚も持ってるんですが、アルバムはそんなに持ってないので、各作品のレビューは大橋純子さんご本人にお願いしましょう。彼女のウェブサイトに自身のコメントが載ってるんです。ぜひそちらを参照してください。

大橋純子オフィシャル・ホームページ Discography
http://www.junko-ohashi.com/top.html

全て6月10日発売 2000円(2枚組3500円、ソニー作品は2枚組3000円)
ボーナストラック収録


Feeling Now
大橋純子『FEELING NOW』
Phillips/Universal Music(1974年)

デビューアルバム。洋楽のカヴァー中心で、なんかシャーリー・バッシーみたいです。まだまだファンキー度はそれほどでもないが、未知数な何かを秘めている感じがして、この"次"が聴きたくなる作品。
初CD化。これのみ、ボーナストラックなし。



Paper Moon
大橋純子『PAPER MOON』
Phillips/Universal Music(1976年)

2枚目のシングルとなったタイトル曲はギターのカッティングがカッコいいファンキーナンバー。ちょっとフュージョンっぽいけど、当時は話題になったらしいです。録音メンバーはポンタさん、岡沢さん、松木さん、深町さんなど錚々たるメンツが集まっているので、スタジオ・ミュージシャン・フェチの人も是非。ジャケも良い。シングル曲などボーナス3曲。






Rainbow
大橋純子 & 美乃家セントラル・ステイション『RAINBOW』
Phillips/Universal Music(1977年)

美乃家セントラル・ステイションを結成しての初アルバム。ギターはマー坊こと土屋昌巳、ドラムは見砂和照(あの東京キューバン・ボーイズの見砂直照の息子さん)、そして鍵盤は後にダンナさんとなる佐藤健。イケイケファンキーナンバー「Simple Love」、スライの曲をルーファスが演奏したみたいなどファンク「Feel So Bad」。今でもこんな新曲を作ってるバンドいっぱいあるぞ。「Natural Foods」のテンションの高さもすごい。ボーナスはシングルB面や英語ヴァージョンなど3曲。まず1枚というならこれを。








Crystal City
大橋純子 & 美乃家セントラル・ステイション『CRYSTAL CITY』
Phillips/Universal Music(1977年)

タイトル通り、コンテンポラリーなAOR風の曲もあり。と思うと、どファンクな「FUNKY LITTLE QUEENIE」があったり。しかも、こんなのをシングル切っちゃうんだからすごい。今でもぜんぜん"新曲"として通用します。ただ、全曲がそういうわけにはいきません。ボーナスはやはり英語ヴァージョンなど3曲。



沙浪夢
大橋純子 & 美乃家セントラル・ステイション『沙浪夢 SHALOM』
Phillips/Universal Music(1978年)

アルバムタイトルはニューミュージック風ですが、ヒステリックなまでのシャウトが聴けるどファンク「SOUL TRAIN まっしぐら」や、シングル向けのキャッチー中にもちょっとPなファンクの要素を持ち込んだ(で、スペクトラムみたいになっちゃった)「STAR-LIGHT TRAIN」あたりが聴き所。ボーナスの「Flower Blossom Street」もオシャレでハイセンスなグルーヴ歌謡という感じで、これも押さえておきたい曲。



Flush
大橋純子 & 美乃家セントラル・ステイション『FLUSH』
Phillips/Universal Music(1978年)

前作と本作の間に本来は"企画もの"として制作されたソロ名義の「たそがれマイ・ラブ」があり、それが大ヒットとなってしまった影響で、バンド半分、筒美京平(「たそがれマイ・ラブ」を作曲)作品半分という作りになったアルバム。「サファリ・ナイト」は歌謡曲寄りながらすごくいい曲。ボーナスはシングルB面1曲。ちなみに、「たそがれマイ・ラブ」というアルバムもあるのだが、それは編集盤なので今回の再発の対象外。



Full House
大橋純子 & 美乃家セントラル・ステイション『FULL HOUSE』
Phillips/Universal Music(1979年)

前作を最後に土屋昌巳(この後りりィのバイバイ・セッション・バンドでまた伝説を残す)と見砂和照が抜け、第2期美乃家がスタート。ファンク色が減って、ポップでメロウなAOR風の作品が増えて行きます。ボーナスは当時のベスト盤に収録されていた"新曲"?



Hot Life
大橋純子 & 美乃家セントラル・ステイション『HOT LIFE』
Phillips/Universal Music(1980年)

美乃家として最後となったアルバム。オープニングの「Welcome To Music Land」は以前のようなギラギラ感はないもののカッコいいファンク。ボーナスはシングル2曲。



Tea For Tears
大橋純子『Tea For Tears』
Phillips/Universal Music(1981年)

未聴。ソロとして再出発となった作品。「名前のない馬」はアメリカのアレですかね? ボーナスはシングル曲など4曲。



黄昏
大橋純子『黄昏』
Phillips/Universal Music(1982年)

未聴。まさに「シルエット・ロマンス」のヒット中にレコーディングしたという作品。LAレコーディングで、アース・ウインド&ファイヤーのホンセクが参加。ボーナスはベスト盤(フォノグラム時代の実質的な最後のアルバム「MAGICAL」)のみに収録されていた曲など3曲。初CD化。



Point Zero
大橋純子『POINT ZERO』
Phillips/Universal Music(1983年)

未聴。フォノグラム時代最後のオリジナルアルバムでニューヨーク録音。ディヴィッド・サンボーンが参加。これを最後に歌手を休業してニューヨークへ。数年間ブランクが空く。ボーナスはやはり「MAGICAL」から1曲。



大橋純子 Complete Single Best
大橋純子『コンプリート・シングル・ベスト』
Phillips/Universal Music(2009年)

フォノグラムからエピック、現在のバップまでの3社にまたがってのシングル・ベスト2枚組。80年代前半はシングルのみの曲が多く、今回のボーナスにも入っていない曲があるので、このベストも押さえておきたい。特に美乃家の初期は、よくこんなのシングル切ったなと思うようなものも多くて驚くはず。ただ、もんたよしのりとの「夏女ソニア」が聴けないのは残念。



残念なのでここにうp。あえて最近のテレビでのヴァージョンで。今でも凄いです。絶好調。




大橋純子 Sony Music Years
大橋純子『GOLDEN☆BEST 大橋純子 ソニーミュージック・イヤーズ』
Sony Music Entertainment Japan(2009年)

1988~1991年のエピック時代の音源を全て収録したコンプリート集。残念ながら、この時代の物は聴いたことがありません。




 ちなみに、新作「Terra2」も同時に出ます。「Terra」は彼女の出身地である北海道夕張市応援のためのチャリティとして制作した邦楽カヴァーアルバムだったんですが、今回はその第2弾。ただ、この大物歌手がいまさらベタベタな有名曲カヴァーなんか続編出してまでやらなくてもいいのに。選曲だけ見て聴く気が萎えました。もっと音楽的になんとかしようと思わないもんですかね?


 全然関係ないですが、今スター街道驀進中のジュンコさん、そう、"熟年の星"こと秋元順子さんって、大橋純子さんと歌い方がそっくりだと思いませんか? 名前も似てれば、「愛のままで・・・」のサビは「シルエット・ロマンス」に似てるし。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

aaranbee

Author:aaranbee

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
Amazon
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。