FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-14(Fri)

平井堅 ken's Bar 15th Anniversary Special

 今日は、平井堅さんのライヴレポートで武道館まで行ってきました。

 丁度15年前の今日、平井さんというか堅ちゃん(と呼びたくなる)はデビュー。実は、おれ、同い年というか学年が同じなんだよね。15年前のおれは何してたんだろう・・・。

 何年か前、アルバムでいうと「Life is...」から「SENTIMENTALovers」の頃かな。シングルにアルバムにと堅ちゃんの新譜が出る度に某媒体さんから書き原稿の以来があったんだけど、取材もなしに2000~3000文字を何タイトルも書けっていうのは相当にキツいんですよ。しかも、シングルだともらえる音源がリード曲1曲分しかなかったりして。で、そろそろホントにネタがないんで、取材ってできないですか?って言ったら、それっきり堅ちゃんの原稿の依頼がなくなった。つらい浮き世だぜ((c)zappa)。なので、ようやく今日、ご本人の生歌が聴けたわけです。

 ライヴレポの原稿なので、ここで細かいことは書きませんが、歌、マジで上手かった! 声の倍音がすごいの。アコギが鳴ってるような声っていうのかな。ものすごく共鳴して響いてくる。あんな声は初めて体験した。ピッチの正確さもすごかった。最初と最期は緊張と感極まってなのか多少揺らいだけど、それ以外は絶好調で、繊細さと力強さが見事に共存してた。こりゃ、布施明が紅白を辞退したときに、「平井堅くんとかが出るべき」と言ったのも納得だわ。

 MCのおもしろさは知ってましたが、というのは、編集者時代によく帰りの首都高で渋滞してるときに堅ちゃんのラジオを聴いてたから。しかし、今日は本人曰く「MCが不調」だったらしく、「普段はもっと小粋なことバンバン思いつくんだけど・・・なんか降臨しないかな、島田紳介とか」とか、「THE ROSE」を歌った後に「今日は全てのアルバムから1曲をやろうと決めたので、この曲は「VOCALIST 1,2,3,4」って4枚の・・・」(って意味分かるかな)と自虐的なこと言ってるし、それだけで十分笑い取れてたけどね。

 終演後、ご本人とちょっとだけ話す機会があったんだけど、ファルセットとか、抑えてるんだけとたまにガマンできなくて漏れちゃう感じがアル・グリーンっぽいって言ったら喜んでくれた。

 いや、でもね、マジで良かったんですよ。いい歌と楽しいおしゃべり。どっちかが秀でてることはあっても、両方ってなかなかない。その2つが揃うだけでも十分贅沢なんだなって思いました。
(2010.5.14)
スポンサーサイト

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

aaranbee

Author:aaranbee

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
Amazon
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。