FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-09-01(Tue)

Kitty, Daisy & Lewis「Kitty, Daisy & Lewis」

 一部ではしばらく前から話題になっている人たち。今どき40~50年代のカントリーやヒルビリー、ジャンプ、ジャイヴなんかをストレートにやってるっていう、ほとんど時代錯誤なまでのタイム・トリップ感。しかも、それをやっているのが15歳、18歳、20歳の3人兄弟だっていうんだから驚く。


kitty daisy & lewis
Kitty, Daisy & Lewis「Kitty, Daisy & Lewis」
Beat Records(2008年)

昨年出た1stアルバム。ジャケットの写真にしてもそうだけど、音もこれが2008年のレコーディングだとは到底思えない、SP盤から起こしたような音。カヴァー曲に混じってオリジナルも入ってるんだけど、見分けがつきません(笑)日本盤はボーナストラック入りなんで、日本盤を買いましょう。


 いや~、いるんだなぁ、こういう人たちが。だって、自分たちが生まれる半世紀以上前の音楽だよ!? 普通ならこの年齢でここまで辿り着くことすらできません。やっぱりそういう環境があるんだろうな~と思ったらやっぱりそうでした。大鷹さんのライナーノーツによると、お父さんはグリーム・ダラムというマスタリング・エンジニアで、U2やボブ・マーリーなどを担当した人(ということはアイランド系か)。おまけに古い音楽のコレクター。お母さんのイングリッド・ウェイスは、なんとあのレインコーツのメンバーだった人。で、小さな頃から家庭内でセッションとかしてたみたいです。学校の友達とかと話が合わないだろうなぁ~(笑)

 最初は2005年にシングルを1枚、翌年にもう1枚リリース。2007に彼らがセレクトしたこういう古い音楽をジャンルを超えてコンパイルしたCDが出るのだが、これが10代の少年少女がセレクトしたとは思えないマニアックさ&センスの良さで、このあたりから彼らの存在が話題になり始める。そして2008年にこのアルバムが出たと。この手の音が好きな人たちは狂喜乱舞したでしょう。過去に未来を見たことでしょう。おまけに美男美女の姉妹だしね。


a to z
Kitty, Daisy & Lewis「A to Z」
Sunday Best(2007年)

彼ら名義になってるけど、実際は彼らが選曲したコンピレーション・アルバム。ジャンルとか知識ではなく感覚で選んだんだろうな。そのスジの通し方、なんだろうスウィング感とでもいえばいいのかな、それが気持ちいいです。マニアックな内容だけど、そんなことを気にしないで楽しめます。日本盤は残念ながら既に廃盤の模様。


 わざわざ当時の機材を使って録音したという超アナログなこのアルバム。デビューシングルだった「Honolulu Rock-A Roll-A」は、なんとムーン・マリカンのカヴァー。僕も昔、ムーン・マリカンのレコードがなかなか入手できなくて苦労した覚えがあるけど、正直言って、ムーン・マリカンなんて今どき誰も知らないぞ。そんな感じで超マニアックなカヴァー曲たちに混じってオリジナルも少し。「Buggin' Blues」「Swinging Hawaii」(と日本盤ボーナストラックの「Say You'll Be Mine」)とこれらの曲も、見事に昔の曲と調和して全く違和感ナシ。演奏もいい感じに当時の(いい意味で)いい加減な雰囲気を再現してていい。そうそう、音楽なんてちょっとくらいいい加減で楽しい方がいいんだよ。

 こういう音楽って、やっぱりアナログで聞きたくなるよね。で、シングルも含めてほとんどの作品がアナログでも出てます。しかも、10インチ盤とか(笑)ただ、限定盤なようで、どれもけっこうなプレミアムが付いてます。えーい、こうなったらSPでも出してまえー(プレーヤーがねぇって)。

(2009.5.17)
スポンサーサイト
プロフィール

aaranbee

Author:aaranbee

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
Amazon
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。