FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-04-11(Wed)

Risco Connection「Risco Connection」

Risco Connection
Risco Connection「Risco Connection」(2010年)
Musica Paradiso

twitterで某店の人が「入荷しましたなう」とか「極少です!」とか煽りまくって、おれも翻弄されましたが(笑)
70年代末~80年代頭ころに数枚の12インチをリリースしたのみの謎のグループ。レコードは全てレアで、リプロ盤が飛び交っていた(僕も数枚持ってますが)のが、ついにアルバムにまとまりました。ってか、これオフィシャルなのかな?
実質はジャマイカのジョー・アイザックスによるグループで、カリビアン・テイストが入ったディスコ。ロフト・クラシックスとして有名な曲も多数(デイヴィッド・マンキューゾのロフトのコンピにも入ってた)。どこか緩いそのサウンドは、数年前のディスコ・ダブ・ブームなんかともリンクして、一気に再評価が高まりました。これでやっと普通に聞ける・・・かと思ったら。このCDももう入手困難なの? 出たばっかなのに?
(2010.5.22)
スポンサーサイト
2012-04-10(Tue)

ザ・ラストショウ「The Noise From 80's」

the noise from 80's
ザ・ラストショウ「The Noise From 80's」(2010)
マスクラット/Vivid Sound(2010.2.17)

2枚のオリジナル・アルバムに続いて、なんと80年代の発掘ライヴ音源がリリース!これには驚いた。1986年1月30日の増上寺、1989年6月28日の豊橋文化会館でのライヴを全18曲収録。80年代のラストショウは5人の基本メンバーに加え、多くのゲストメンバーが出入りし、よりそのサウンドが多様性をもっていった時期。しかし、アルバムなどのリリースがなかったため、そのサウンドを知る由もなかった。もともと様々な音楽性を雑多に取り込んでいたバンドだったせいか、鍵盤ほかどんな楽器が入っても、見事な調和を見せる。バンドではあるが、やっぱり職人集団。
ラストショウについては、そのうちメインのHPの方でも書こうと思います。
(2010.5.15)
2012-04-10(Tue)

ザ・ラストショウ「ラストショウ2」

last show 2
ザ・ラストショウ「ラストショウ2」(1978年)
マスクラット/Vivid Sound(2009.12.9)

同時にリイシューされた2ndアルバム。1stよりもアイデアがまとまった印象。バンドらしいサウンドになり、サウンド以上に音楽を聴かせるという仕上がり。なんと、来日中だったエイモス・ギャレットが2曲に参加。1st同様、ボーナストラックとしてテレビドラマ「火曜日のあいつ」のサントラの残り半分が収録されている。
(2010.5.15)
2012-04-10(Tue)

ザ・ラストショウ「アリゲーター・ラジオ・ステーション」

alligator radio station
ザ・ラストショウ「アリゲーター・ラジオ・ステーション」(1977年)
マスクラット/Vivid Sound(2009.12.9)

漸く入手したので遅ればせながらご紹介。泉谷しげるほか、多くのミュージシャンたちのバックを務めた凄腕集団の初の単独作品。カントリー/ブルーグラスをベースに、どこかのほほんとした日本語の歌を聴かせる。彼らが敬愛するエリアコード615やベアフット・ジェリーの日本版といった趣。これをロックといっていいのか分からないが、様々なものが混ざり合ったクロスオーバー・サウンドだ。「タイガー・ラグ」の壮絶なまでの高速演奏は、個人的にはマール・トラヴィスの「キャノンボール・ラグ」に匹敵する衝撃だった。
(2010.5.15)
2012-04-10(Tue)

Ladies Of The 80's「Eighties Ladies」

Eighties Ladies
Ladies Of The 80's「Eighties Ladies」(1980年)
Uno Melodic Records/Universal Sound(2010.4.20)

ロイ・エアーズがプロデュース、シルヴィア・ストリップリンが在籍していたことで知られるグループ。80年という微妙な時代ゆえか、ディスコテイストはありつつも洗練されたサウンドで野暮ったさはあまりない。楽曲も粒ぞろい。数年前の最初の再発時は、オフィシャルなのにジャケットさえもオリジナルLPからのコピー(シールを剥がした後が残ってた)というひどい状態だったことを思い出す。
今回のUniversal Sound盤はDVDのトールケースをCDサイズに縮小したタイプで、一見安っぽいがこのコンパクトさはなかなか良いと思う。ただ、ちゃんとしたブックレットくらいは付けて欲しい。じゃないとパッケージで買う意味がなくなっちゃう。
ところで、シルヴィア・ストリップリンのソロは出ないのかな? 同時に出るのがお決まりのパターンだったんだけど。
(2010.5.10)
プロフィール

aaranbee

Author:aaranbee

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
Amazon
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。